第15週

転勤!
転勤の週です、何処へ転勤するか、しないのか転勤の電話がないのでまだわかりません。
確かにわかっているのは、ガーラード長老はトレーナーで、私は新米ではないので、私たちはもう同僚ではなくなるということ。

来週のお楽しみ。(さてどうなることか~)

今週は興味深いことがたくさんあって良い週でした!

ちな兄弟
今週2度彼に会いました。とても良い調子。エイプリル・フールの日にバプテスマを受けられるように準備しています。でもきっとその前に準備できるでしょう。

今週彼は教会に来ないでその代わりに彼のお母さんを訪ねて誕生日のお祝いしました。
88歳の!!!彼女は彼よりもずっと元気だと彼は言います。

残りの彼の家族にクッキーをあげる機会はまだありません。でもいつか渡したいので彼らの心が和らいで受け取ってもらえるようお祈りお願いします!

水曜日の奇跡!
若い独身の日本男性を探していますけど、見つけられずにいます。(最近は若い女性の改宗者が多いので、彼女たちの伴侶となる人たちを探そうとしているのです。)

そのことにはあまり関連がないけれど、水曜日に奇跡がありました。

食事の約束の後で少し時間があったので大きな団地のドアをノックし始めました。

あるドアの呼び鈴を鳴らしたら、若そうな女性が出てきたので、「私たちはキリスト教の宣教師です。歌を歌ってもいいですか?」と聞いたら、彼女は無言でうなづきました。それで歌い始めたら、彼女の弟が出てきました。

二人とも歌を聴いてくれ、弟さんの方がより興味を示しました。彼は18歳。奉仕活動とか、’心の安らぎ’とかについて話すことが好きだそうです。奉仕は本当に大切だとも言いました。

彼は私たちが宣教師として行うことにすごく興味を示し、もし彼が福音を受け入れたら素晴らしい宣教師になると、私は思います!

彼とまた会ってバプテスマのことについて分かち合います。うまくいくようにお祈りお願いします!

忘れないうちにもう一つ。今週セロを弾く機会がありました!
具志川(のアメリカ人の)軍人支部の会員がセロを借りて、先週の日曜日に弾けるよう計画してくれました。(ここには3つのユニットがあり、ひとつは日本人支部。)

一週間前にセロを受け取ったのですが、セロを弾く許可を金曜日まで得なかったので日曜日に備えるのはなんとなく大変でした。(転勤の恐れもあるのでこの日曜日に弾く必要があった。)

それでも「主の恵み、人にも分かたん(讃美歌138番)」の良いアレンジができて、うまくいきました!

注:宣教師は’楽器を弾くために伝道部長の許可が必要です。

これで報告おわりです。

愛しています!!!!!良い週になりますように!
ーハウスクネクト長老より

Advertisements

Comment

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s