訓練センターから沖縄へ

注:はハウスクネクト長老の家族によって付け足されたものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーやっと日本に来ました!
6月26日、金曜日に日本到着。数日前に到着予定でしたが、査証が遅れたのでMTCに予定よりも数日長くとどまりました。MTC での同僚は本当に素晴らしかったです!

訓練センターでの生活
訓練センターでの経験を終えた今、よりまとまった概要を分かち合えます。
毎日のほとんどの時間はクラスで満たされていました。学ぶことがたくさんあったけれど、
とても楽しかったです!
毎朝、運動の時間がありましたが、テニス、バドミントン、卓球の時間はなかったです。:( でも、バレーボールをまともに出来ることを発見しました!
クラスでの大きな焦点は簡潔に教えること。
簡潔に教えられるということは教える内容をよく理解しているというしるしです。

訓練センターでの生活の大きな教訓は、働くことと柔順であることだと思います。
訓練センターに入所したときに受けた最初の面接の中で代表者は、成功する宣教師たちには四つの共通点がある言いました。その共通点は、彼らは柔順でとても働き者である、御霊を伴侶としている、そして楽しんでいるということです。

楽しいことといえば、、、
チェロを聖餐会で弾きました!嬉しかったです!!
伝道中に、まして訓練センターでチェロを弾けるなんて思ってもいませんでした。
支部にチェロを弾く姉妹がいたのでデュエットで「**天父は灯台のごとく」を弾きました!再びチェロを弾けるように願っています、、、。
注: 「天父は灯台のごとく」はハウスクネクト長老の大好きな讃美歌です。

日本の教会は本当につながってる!!
訓練センターでの一人の教師は川村兄弟。川村長老の兄弟です!もちろんノルワング兄弟にも会いました。二番目の日本区の中でおみさき姉妹という姉妹に会いました。その姉妹は私たちがコンサートをしたときに北六甲ワードにいたそうです。

注:川村長老とノルワング長老は仙台伝道部で奉仕した宣教師。私たちが仙台伝道部  三沢支部に集っていた時に出会いました。ノルワング兄弟は、今は訓練センターで日本語の教師として働いています。

福岡に到着したのは午後8時ごろ。
伝道部会長補佐の長老たちが迎えに来てくれて、彼らのアパートに泊まりました。彼らの一人がなんかの歌の楽譜をもっていて、何の歌か確かめることはできなかったのですが、彼はお母さんの名前を知っているといいました。不思議だな~。
翌朝、少しの訓練の後で(ほとんど自転車の安全のことについて)、任地を受けるためのガスタフソン伝道部会長の面接を受け、飛行機で任地へむかいました。

沖縄です!
沖縄軍人支部に召されましたので英語をたくさん話すことになります。
残念、、、折角、日本語を練習したのに、、、。XD
同僚の名前はガーランド長老。親しくなりました。この地域は今あまり忙しくないけれど、二人で御業を進めるようにベストを尽くします!!
本当にみんなに会いたいです! でも、とても充実しています!
主の御業を行うためにこの地にいられるのは素晴らしいことです!
皆さんを愛してます!!
よい一週間でありますように。

ハウスクネクト長老より

追伸
教会のパソコンでどうやって写真を添付するのかわかりません。この次のピーデイ(準備の日)に試してみます。

 

Advertisements

Comment

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s